格安スマホを徹底比較!2017年最もお得なプランを紹介!

ヘッダー

イオンモバイル

    

イオンモバイルのサービスの特徴

スマホ端末によってMVNOが変わるので注意が必要

イオンモバイルのプランは少し複雑になっていて、端末ごとに対応するMVNOが異なっているのが特徴です。

例えば「Xperia J1 Compact」はSo-net回線を利用していますし、「VAIO Phone」ならb-mobile回線です。「KYOCERA S301」を含むそれ以外のスマホはBIGLOBE回線を利用しています。かなりややこしくなっているので、事前の情報収集は必須です。

イオンモバイルは店頭で購入可能!

ただそのマイナス要素以上に、実店舗を持っているというところは大きなポイントでしょう。他のMVNOであれば、受付は基本的にネットのみなのですが、イオンモバイルは店頭での受け付けも行っています。ちょっとした疑問点があってもすぐに対応してくれるので、じっくりと検討することができます。

実際の端末に触れて選ぶことができるのもいいですね。購入後に何かトラブルが起きても、とりあえず店舗に持ち込めば何とかなりますし、実はこの利点はかなり大きいのです。またイオンカードでの決済も可能なので、自動的にポイントが貯まっていくのも嬉しいところ。ただしすべての店舗で販売しているわけではないので、あらかじめHPなどで確認しておきましょう。
 

月額利用料

データ高速+音声通話プラン

プラン データ容量 月額料金
1GBプラン 1GB 1,350円
6GBプラン 6GB 1,650円
12GBプラン 12GB 2,980円

 

初期費用・違約金

初期費用:3,000円

 

購入可能端末

Xperia J1 Compact
KYOCERA S301
VAIO Phone
ARROWS M01
ALCATEL one touch idol2s
geanee FXC-5A
 

まとめ

イオンモバイルは料金プランがややこしいのがネックですが、それ以上に店頭で購入できるというのは大きな利点ですね。店頭ならすぐに分からないことはすぐ質問できますし、購入後に困ったことが起きても店頭に持っていけばすぐに対応してくれます。キャリアスマホの時は当たり前だったサービスも、格安スマホでは出来なくなっていることが多いのですが、イオンモバイルはそこをうまくカバーしていますね。

 

おすすめ格安スマホランキング

楽天モバイル
楽天ポイントがお得に貯まる!

楽天モバイルのおすすめポイント!
・月額利用料とデータ容量のバランスがいい
・楽天ポイントが貯まる
・データ容量の余りを翌月に繰り越せる
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 1600円から
データ容量 3.1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
DMMモバイル
DMMmobile
業界最安!豊富な料金プランから選べる!

DMMモバイルのおすすめポイント!
・格安スマホ業界最安値
・豊富な料金プランから選べる
・月額利用料からDMMポイント10%還元
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 660円から
データ容量 1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
UQモバイル
通信安定度No.1いつでも速い!

UQモバイルのおすすめポイント!
・いつでも速い通信安定度No1
・au回線でカバー率99%
・3GBで月980円から

価格 980円から
データ容量 3GBから
回線速度 下り最大150Mbps (au LTE)