格安スマホを徹底比較!2017年最もお得なプランを紹介!

ヘッダー

Y!mobile(ワイモバイル)

    

Y!mobile(ワイモバイル)のサービスの特徴

 ワイモバイルについて見ていくと、その料金プランはとてもシンプル。通信容量制限が1GB、3GB、7GBのプランの3つだけです。とてもわかりやすいのは良いのですが、これよりもプランが充実しているMVNOは他にもあります。

定額で通話し放題!

ワイモバイルの最大の特徴はオプションにあります。その名も「スーパーだれとでも定額」です。このオプションに加入すれが月額1,000円(税別)で他社も含めたすべての携帯電話やスマートフォン、固定電話への国内通話が無料になります。従来のMVNOであれば、通話料は30秒で20円が相場。そんな中で1,000円で無料通話が使えるというのはかなり魅力です!

しかも他のMVNOの格安通話サービスと違って、こちらは音声通話が可能となっています。つまり080・090の番号そのままで無料通話ができるのです。これが可能なのは現時点ではワイモバイルだけ!

 ちなみにワイモバイルは「イーモバイル」と「ウィルコム」が合併してできた企業なのです。そのため使い勝手としても格安スマホ+ウィルコムのような感覚で使うことができます。格安スマホの弱点をウィルコムで補う、いい関係ですね。ただ、回線はソフトバンク系のものを利用しているのですが、ドコモ系やau系の回線に比べるとやや安定性で劣るという声もあります。今後改善される見込みはありますが、気になる方は今後の動向をチェックしておきたいところです。

月額利用料

データ高速+音声通話プラン

プラン データ容量 月額料金
1GBプラン 1GB 2,980円
3GBプラン 3GB 3,980円
7GBプラン 7GB 5,980円

 

初期費用・違約金

初期費用:3,000円
違約金:9500円
※24ヶ月以内に解約した場合
 

購入可能端末

DIGNO C
Spray
Nexus 6
STREAM S
DIGNO T
Nexus 5
AQUOS PHONE ef
 

まとめ

 やっぱりワイモバイルの魅力は「スーパーだれとでも定額」につきますね。音声通話がかけ放題なのは今のところはワイモバイルだけ。やや通信品質が劣るとの声もありますが、通話料が気にならないというのは他のMVNOにはない魅力です。

 

おすすめ格安スマホランキング

楽天モバイル
楽天ポイントがお得に貯まる!

楽天モバイルのおすすめポイント!
・月額利用料とデータ容量のバランスがいい
・楽天ポイントが貯まる
・データ容量の余りを翌月に繰り越せる
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 1600円から
データ容量 3.1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
DMMモバイル
DMMmobile
業界最安!豊富な料金プランから選べる!

DMMモバイルのおすすめポイント!
・格安スマホ業界最安値
・豊富な料金プランから選べる
・月額利用料からDMMポイント10%還元
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 660円から
データ容量 1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
UQモバイル
通信安定度No.1いつでも速い!

UQモバイルのおすすめポイント!
・いつでも速い通信安定度No1
・au回線でカバー率99%
・3GBで月980円から

価格 980円から
データ容量 3GBから
回線速度 下り最大150Mbps (au LTE)