格安スマホを徹底比較!2017年最もお得なプランを紹介!

ヘッダー

格安スマホで携帯キャリアのメールアドレスは使えるのか

    

格安スマホでは携帯キャリアのアドレスは使えない

格安スマホについて調べていると、格安スマホのデメリットとして携帯キャリアのメールアドレスが使えなくなると書かれているのを見たことがあるかも知れません。

結果から言うと格安スマホでは今まで使っていた大手キャリアのメールアドレスは使えなくなってしまいます。

例えば、今までdocomoのアドレスを使っていた場合、新しく使い始めた格安スマホがdocomoの回線を利用していたとしてもdocomoのメールアドレスは使えません。

携帯アドレスはフリーメールがおすすめ

携帯キャリアのメールアドレスが使えなくてもメールが使えなくなるわけではありません。

Gmailのなどのフリーメールを使う方法があります。

現在携帯キャリアのメールアドレスを使われている方が多いかと思いますが、これからはMVNOやナンバーポータビリティが主流になり、docomoやau、softbank等の携帯キャリアの依存度は間違いなく低下していきます。

これからは頻繁に携帯キャリアを変更することが想定されますし、フリーアドレスを持っていれば、携帯キャリアを変更してもMVNOを利用してもアドレスの変更はありませんので、携帯キャリアに依存しないフリーのメールアドレスを持たれることをおすすめします。

ちなみに私の携帯電話のアドレスは6年前ほどからGmailを使っています。受け取り側の設定次第ではGmailが受信拒否されてしまう場合もありますが、殆どの場合で問題はありません。

これからフリーアドレスを取得される場合はGmailがおすすめです。

LINEやショートメール(SMS)も利用可能

もちろん、LINEの利用も可能です。

または、電話番号を使ってのメッセージ、ショートメール(SMS)を使う方法もあります。データ通信のみの契約の場合はSMSが使えない場合もありますが、音声通信付きの契約であればSMSは使えます。

携帯キャリアのメールアドレスが使えなくともメッセージを送る方法はたくさんあります。格安スマホを提供している会社の1つであるmineoは契約時にmineoからアドレスを貰えます。@mineo.jpと言う少し変わったアドレスではありますが、この様にアドレスを提供してくれる格安スマホも少ないですが存在します。

まとめ

大手キャリアのアドレスが使えないのはデメリットですが、これからの時代は携帯キャリアへの依存度が低下しますので、携帯キャリアに依存しないメールアドレスを持つことが主流になりますので、携帯キャリアのメールアドレスが使えなくなることは殆ど問題になりません。

おすすめ格安スマホランキング

楽天モバイル
楽天ポイントがお得に貯まる!

楽天モバイルのおすすめポイント!
・月額利用料とデータ容量のバランスがいい
・楽天ポイントが貯まる
・データ容量の余りを翌月に繰り越せる
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 1600円から
データ容量 3.1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
DMMモバイル
DMMmobile
業界最安!豊富な料金プランから選べる!

DMMモバイルのおすすめポイント!
・格安スマホ業界最安値
・豊富な料金プランから選べる
・月額利用料からDMMポイント10%還元
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 660円から
データ容量 1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
UQモバイル
通信安定度No.1いつでも速い!

UQモバイルのおすすめポイント!
・いつでも速い通信安定度No1
・au回線でカバー率99%
・3GBで月980円から

価格 980円から
データ容量 3GBから
回線速度 下り最大150Mbps (au LTE)