格安スマホを徹底比較!2017年最もお得なプランを紹介!

ヘッダー

格安スマホが安い理由

    

格安スマホが安いのはMVNOのおかげ

docomo、au、softbankに比べ格安スマホの利用料金は数分の一程度と非常に安く設定されています。

格安スマホは安い分、大手キャリアと比べて利用可能エリアが狭かったり、回線速度が遅いかというとそんなことは全くありません。

それは何故かと言うと、格安スマホの事業者はdocomo、au、softbankの大手携帯電話会社から通信回線をレンタルして運営しているからです。

大手携帯電話会社は莫大な費用を投資して全国各地に通信インフラを整備しているため、そのコストは利用者へ負担させることになり、結果的に毎月の利用料金が高くなる傾向にあります。

格安スマホを運営している事業者は、大手携帯電話会社の通信インフラをレンタルすることで設備投資することなく通信事業を始めることが出来るため、大手携帯電話会社と比較して格安でスマホを利用することが可能になっています。

大手通信事業者から通信インフラをレンタルして事業を行う事業者のことを「MVNO」と言います。

なぜ、大手キャリアはMVNOに回線をレンタルするのか

巨額な設備投資している大手携帯電話会社がなぜ安い料金でMVNOに回線をレンタルするのか疑問に思う方も多いかと思います。

実は、大手携帯電話会社はMVNOに通信設備を貸し出す義務を総務省から与えられているのです。

これは大手だけで通信インフラを独占させないための対策で、MVNOに通信インフラを貸し出させることで様々な事業者が通信事業に参入させ、消費者の利用料を下げされせることに繋がっています。

まとめ

格安スマホが安い理由は、大手携帯電話会社から通信インフラをレンタルすることで設備投資などの費用を抑えることができているためです。

また、総務省の働きかけにより、大手携帯電話会社が通信インフラを安く提供していることで、多くの新規格安スマホ事業者が産まれ、利用料がますます安くなっています。

おすすめ格安スマホランキング

楽天モバイル
楽天ポイントがお得に貯まる!

楽天モバイルのおすすめポイント!
・月額利用料とデータ容量のバランスがいい
・楽天ポイントが貯まる
・データ容量の余りを翌月に繰り越せる
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 1600円から
データ容量 3.1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
DMMモバイル
DMMmobile
業界最安!豊富な料金プランから選べる!

DMMモバイルのおすすめポイント!
・格安スマホ業界最安値
・豊富な料金プランから選べる
・月額利用料からDMMポイント10%還元
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 660円から
データ容量 1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
UQモバイル
通信安定度No.1いつでも速い!

UQモバイルのおすすめポイント!
・いつでも速い通信安定度No1
・au回線でカバー率99%
・3GBで月980円から

価格 980円から
データ容量 3GBから
回線速度 下り最大150Mbps (au LTE)