格安スマホを徹底比較!2017年最もお得なプランを紹介!

ヘッダー

格安スマホは初期費用や違約金は掛かるのか

    

格安スマホは毎月の利用料金が安く、月額利用料だけに目が行ってしまいがちですが、初期費用や解約時の違約金が掛かるという事も知っておく必要があります。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-ss76_garaketachi14171226-thumb-1000xauto-15822

格安スマホの初期費用について

主要格安スマホ事業者を十数社調べましたが、殆どの会社が3,000円に設定しています。

3,000円以上に設定している事業者はありませんので、最大3000円掛かると考えていれば問題ないかと思います。

格安スマホの違約金について

違約金は事業者によって設定が異なります。

音声通話がないSIMカード、要するにデータ通信だけの利用であれば違約金は掛からない事業者が殆どですが音声通話付きSIMカードは各社違約金を設定しています。

違約金は事業者毎に違う条件で設定されていますが、目安として契約から12ヶ月以内に解約すると9.000円前後の違約金を取られる事が多いです。

また事業者によっては、契約期間が24ヶ月になっていて大手キャリアと同様に解約月が設けられていて契約月以外で解約すると違約金を取られるところもありますので、注意が必要です。

スマホ端末の分割購入も注意が必要

初期費用ではありませんが、スマホも同時に購入される方で分割払いを利用される方は、分割払いが終了する前に格安スマホを解約した場合も、スマホ端末の残金は残りますので回線の利用料金だけでなく、スマホ端末などの費用も考慮しておく必要があります。

まとめ

格安スマホには違約金が不要な場合もありますし、半年以上利用すれば違約金は発生しない会社もあります。各社、その点でも違いがありますので契約前に確認しておくことが大切です。

また、スマホを分割購入された場合は、支払いが終了する前に回線を解除してもスマホ端末の支払いは残りますので注意が必要です。

格安スマホは毎月の利用料が安いのでそこだけにフォーカスしがちですが、初期費用、違約金、スマホ購入費など総合的な費用がどれくらい掛かるのかを事前にしっかり調べておくことが大切です。

おすすめ格安スマホランキング

楽天モバイル
楽天ポイントがお得に貯まる!

楽天モバイルのおすすめポイント!
・月額利用料とデータ容量のバランスがいい
・楽天ポイントが貯まる
・データ容量の余りを翌月に繰り越せる
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 1600円から
データ容量 3.1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
DMMモバイル
DMMmobile
業界最安!豊富な料金プランから選べる!

DMMモバイルのおすすめポイント!
・格安スマホ業界最安値
・豊富な料金プランから選べる
・月額利用料からDMMポイント10%還元
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 660円から
データ容量 1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
UQモバイル
通信安定度No.1いつでも速い!

UQモバイルのおすすめポイント!
・いつでも速い通信安定度No1
・au回線でカバー率99%
・3GBで月980円から

価格 980円から
データ容量 3GBから
回線速度 下り最大150Mbps (au LTE)