格安スマホを徹底比較!2017年最もお得なプランを紹介!

ヘッダー

格安スマホ(格安SIM)で使えるスマホ機種の見分け方

    

キャリアのスマホ端末も格安SIMで利用できる

毎月の維持費が大手キャリアに比べて、格段に安くなる可能性があることが魅力の格安スマホ。

スマホとセットでの販売もされていますが、スマホ端末をご自身で用意して格安スマホの会社から格安SIMだけを購入して使用することも可能です。

現在使用中のスマホがある方や格安スマホで提供されている機種以外に使いたい端末がある方はこの方法を使うのも良い選択です。

ただ、どんな機種でも格安SIMが使えるわけではありませんので注意が必要です。

MVNOがどのキャリアの通信網を使っているかが重要

格安SIMが使えるかどうかの判断をするには、まずは格安SIMに使われている通信網がどの大手キャリアの通信網であるかを確認することが大切です。

もし、それがdocomoの通信網であればdocomoのスマホは問題無く使用出来ますし、auであればauのスマホが使えます。格安SIM、格安スマホは大手キャリアの通信網を借りているのでそのキャリアから販売されたスマホであれば利用することが可能です。

またソフトバンクとdocomoに関しては使っている通信方式が同じですのでdocomoの回線でソフトバンクの機種を使うなども不可能では無いのですが、他社のSIMを挿して使用出来る状況にする為にSIMロックの解除を行う必要があります。

解除出来る機種も限られているのでソフトバンクの機種をお持ちの方がdocomoの回線を使いたい場合は注意が必要です。

auに関しては他社とは違う通信方式を採用していますので、他社の通信網を使うことは不可能です。

もちろんSIMフリー端末は使える

他にはSIMフリー端末と言われる、キャリアから販売されていないどんなSIMでも挿すことが出来る機種を購入する方法もあります。

この場合の注意点は、その機種がどの周波数帯に対応しているかです。SIMフリー端末の中には海外でしか利用できない端末もあり、日本で使われている周波数帯全てには対応していない場合があります。

この場合、限られた周波数帯でしか通信出来ずに繋がりにくいことや、全く利用することができない可能性もありますので注意が必要です。

都市部と山間部では使われいる周波数帯が違っている場合もありますので、どんな場所での使用がメインなのかなど利用条件に適しているかを確認する必要もあります。

まとめ

格安SIMをセット販売以外のスマホ端末で利用するには、MVNOの通信網がどこのキャリアに対応しているのかを確認し、そのキャリアから販売されているスマホ端末である必要があります。また、SIMフリー端末は殆どのスマホが利用可能ですが、一部海外製品などで日本の通信方式に対応していない場合もありますので、SIMフリー端末を購入の際は注意が必要です。

セット販売されている端末は分割払いが使えるケースが多いため、失敗を避けたい場合はセット販売されている端末を購入されることをおすすめします。

おすすめ格安スマホランキング

楽天モバイル
楽天ポイントがお得に貯まる!

楽天モバイルのおすすめポイント!
・月額利用料とデータ容量のバランスがいい
・楽天ポイントが貯まる
・データ容量の余りを翌月に繰り越せる
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 1600円から
データ容量 3.1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
DMMモバイル
DMMmobile
業界最安!豊富な料金プランから選べる!

DMMモバイルのおすすめポイント!
・格安スマホ業界最安値
・豊富な料金プランから選べる
・月額利用料からDMMポイント10%還元
・Docomoの回線なのでエリアが広い

価格 660円から
データ容量 1GBから
回線速度 下り最大150Mbps(Docomo LTE)
UQモバイル
通信安定度No.1いつでも速い!

UQモバイルのおすすめポイント!
・いつでも速い通信安定度No1
・au回線でカバー率99%
・3GBで月980円から

価格 980円から
データ容量 3GBから
回線速度 下り最大150Mbps (au LTE)